海外ドラマが好き♪

海外ドラマの感想ブログです。たまに脱線します。

リッチマン ☆☆☆

EXOのスホさん主演…ってこの方を存じ上げないのですが、K-POPの有名どころでしょうかね。演技もしっかりできて、K-POP界はホント多才な方の多いこと。

 

ヒロインのボラちゃん(役名です。初めて観ました)は、高見恭子(お歳がバレますわよ)と安室ちゃんを足して2で割ったようなベビーフェイスでめちゃくちゃ可愛いです。恐らく評価が二分するフェイスで、私にはツボ。

 

恋敵となる女子は、正直ブス子ちゃんだと思うんだけど、役の上では美人でお金持ち。自分に自信があって落ちない男はいないと思っている。…となると、やっぱり美人に見えてくるんだなこれが。全体の雰囲気とかファッションがいい。性格も、ひと昔前の韓国ドラマの悪役とは全然違って、悪くはないです。ほんとこのへん、時代の流れだよなー。

 

ストーリーですが、ボラちゃんは就職難の中、スホが経営するIT企業に勤めることが決まります。類まれな記憶力だけを買われ、期間限定で新作のプレゼンのためだけに雇われました。

 

スホはワンマンで超絶性格が悪く、容赦なく社員の首を切ります。そこを補うのが副社長で、財閥の長男なのにそっちを捨ててスホと会社を興しました。優しい性格で、スホが切った社員を蔭で支える、ほんと良いお兄ちゃんみたいなキャラです。

 

ボラちゃんとスホがいかにくっつくか、という話なのに、副社長とくっつけばいいのにと思いながら観てしまいました。

 

ボラちゃん、可愛くていい子なんだけど、スホのことが昔っから好きで、気を引くために嘘をつくんですよね。そこがどうにもいただけなかったなぁ。そんなんだったら副社長の方がぜんぜんいいのに。

 

…とまぁ序盤はそんな感じなのですが、この性格の良い副社長、スホのあまりのワガママっぷりに堪忍袋の緒が切れて…という感じで話が展開していきます。

 

なんだかこのへん、ボーイズラブの世界観を感じてしまった。そっちは詳しくないんですけど、結局のところ副社長はスホのことが好きだったんじゃないかなぁ。もちろん好きは好きなんだけど、かなりB.L.的に。

 

別にそれほど高評価の作品ではありませんし、ボラとスホのラブラインは別に面白くもなんともないのですが、ボラの友人と首切りされた社員とのラブラインはかなり良く、そっちで満足。IT企業と大企業の攻防は複雑すぎず面白かったし、気軽に見れる良質のB級という感じで1話ずつ楽しく見ました。 

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

欲を言うなら、ボラちゃんの超絶記憶術がもっと活躍できる場面が欲しかったな。

【映画】ビューティー・インサイド

大手家具店で働くヒロイン(ハン・ヒョジュが演じてます)は、誰にでも平等な接客をする店員さん。実は彼女に恋をして、毎日通っているお客さんがいます。しかし彼女は彼に気づいていません…実は彼は、毎朝起きる度に容姿が変貌するのです…

 

という突飛な設定の物語。主人公は(便宜上、彼、と書きますが)それこそ老若男女、それどころか国籍を問わず、朝起きる度に変貌するのです。これは彼が18歳の時から起こり始め、理由は全くわからないし、次にどんな容姿になるのかも見当がつきません。

 

仕方がないので彼は一人で工房に籠って仕事をする家具職人となりました。秘密を知るのは母親と、高校時代の親友1人だけ。その親友が販売を引き受けてくれています。そのデザイン性とオリジナル性に加え、ミステリアスな家具屋さんということで業界では有名です。

 

彼女にどうしても告白したくて、容姿がパク・ソジュンだった日に決行。1日目はちょっとだけ仲良くなって、寝ないで2日目、またちょっと仲良くなって、でもさすがに3日目はうっかりうたた寝をしてオッサンになり、彼女の前から姿を消さざるを得ない羽目に…でも諦めきれない彼は…

 

というラブ・ストーリー。内面の美でいとしの彼女を惹きつけるお話と、毎日変わる容姿を中盤までは楽しく見せて、でも後半は現実と向き合うこととなります。家族や友人、いわゆる「ウリ(仲間内)」はとっても大切にする韓国人ですもん。彼氏ができたとなれば家族や友人に紹介しないわけにはいかない。彼女ができたならば、一人工房に籠って生きるわけにはいかない。

 

見どころは何と言っても豪華キャストですねー。私でも知ってるぐらいの俳優さんがゴロゴロと日替わり出演。日本人女性の日はなんと上野樹里さんでしたねー。「のだめカンタービレ」は韓国版リメイクも製作されましたが、私の韓国人の友人(男子)は彼女のファンですから、豪華キャストを揃えたことがうかがえます。

 

後半がちょっと重たかったので☆4つかなー。

ミセン -未生-

AbemaTVで無料で見られる回だけをつまみ食い視聴。

1・2・3話と、16話と、あと最終回の20話、つまり4分の1しか見てないのに申し訳ないのですが、感想を書いちゃいます。

 

このドラマはかなり話題になったドラマです。韓国ドラマにして「ラブなし、記憶喪失なし、難病なし」。まるで日本のドラマみたいとか言われてました(ぜんぜん違うと思うケド)。

 

主人公チャン・グレは幼い頃に才能を見出され、囲碁の世界で生きてきたのですが、父親が病気の末に亡くなったりで財政的に厳しく、20歳を過ぎてから道を断念します。

 

韓国と言えば学歴社会。いい大学に入るのはもちろん大事ですが、大学生も就職のために必死に勉強します。グレはそこの部分がすっぽり抜け落ちているわけです。最終学歴は高卒。現在26歳。

 

グレを買ってくれていた人物がとある大企業の専務に口利きをしてくれて、グレがインターンとして入社するところから物語がスタートします。(厳密に言うと、最終回につながる海外ロケからのスタートですが、まぁそれは置いといて)

 

入社した先は総合商社の営業3課。これ、バブル期の〇紅だの〇友商事だのをイメージしていただけるといいと思う。周りは、インターン仲間ですら英語は当たり前にペラペラ。第二外国語でロシア語が堪能なアン、中国語が堪能なハン、ドイツ語が堪能なチャン・ベッキ(彼はカン・ハヌル氏です…椿の花咲く頃でブレークしましたね)など、12人ぐらい?インターン同期がいます。しかも可哀想なことに、彼らは2週間ほど先に入社してるんですよ。もう仲間に入れる雰囲気じゃないし、コネ入社だということは知れ渡っています。

優秀な彼らだって全員が正社員として採用されるわけじゃないんです。一人でも蹴落としたいんですねー。

 

実はこのドラマ、以前トライしたことがあるのですが、第1話でリタイアしました。同期からのイジメに近い仲間はずれに加え、営業3課の上司もキツイ。かかってくる電話は英語でちんぷんかんぷん、コピー機のフィーダー機能を知らないから1枚1枚フタをあけてコピー。直属のドンシク先輩は怒鳴ったりしないけど、呆れられているのが痛いほどわかるからむしろ自分を責めるしかない。苦しくて見ていられませんでした。

 

今回3話まで(我慢して)見て、やっぱり苦しかったー。グレは、自分の一生懸命さが足りないからだと自分を責めるんですよ。日本のドラマとはぜんぜん違いますね。

序盤にグレは上司から「お前の取り柄は何だ?売り込んでみろよ」と言われて、「努力です。圧倒的な努力」と答えます。

今の日本は、努力しないでもスムーズにできることが自分の道だ、という「努力不要論」が次第に主流になってきている気がするので、非常な違和感、というか、昔の日本はこんなだったかなぁという既視感を覚えながら観ました。どっちがいいとかここで論じるつもりはありませんが(わかんないし)、今の日本の風潮に慣れてしまうとたとえドラマでも「努力第一主義」は苦しいっす。

 

で、ざっくり飛ばして16話を見て、最終回を見ました。ようやく報われる部分って、最終回の後半からなんです。もちろん中盤にもちょこちょこ報われる部分はあるはずですけど、ちょっと報われる度にまた落とされ、という連続かと想像します。

 

さて、グレを演じるのはイム・シワン。「太陽を抱く月」で一目ぼれしましたねー。本当に可愛いです。アイドルグループだったそうですね。演技はそりゃまぁ周りの脇役の方々の方が上手ですけど、グレは慣れない環境で自分らしく振る舞えない役ですからすごい合っていたと思います。ちなみに演技力という点ではドンシク先輩がすごい上手だなと思いました。

イム・シワンの可愛さは、もう誰かと恋愛しないでほしいレベルで、ラブなしでむしろ良かった(爆)。

 

イム・シワン演じるグレ、語学力や一般的な学生が積んでいるはずの経験のなさを、囲碁で培った勝負強さや頭脳プレーで逆転していくのかと思いきや、そうでもなく、(超人的な整理整頓力や記憶力を生かす場面はあるけど)結局は「圧倒的な努力」の物語だったのがちょっと残念でした。もちろんサボってる若者がぶつくさ文句言ってたら努力しろよと私だって思うけど、既に圧倒的な努力している人が、さらなる努力をする物語だなんて…

 

で、いきなり話が飛びますが、オリンピックはどうなるんでしょうか。2024年を東京で開催させてもらえるよう交渉すべき案が出てきましたね。

私は今年2021年に開催できる気が微塵もしないので、ようやく妥当な案が出てきたと思ってはいますが、2021年に照準を合わせ直して調整中の選手たちがさらに2024年で再調整となるとさすがにそれは「ほぼムリ」レベルかと思います。となると大量のグレが生まれるでしょう。

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

彼らがグレのように別の道を選んだ時、そして思うように人生が進まない時、「圧倒的な努力」の物語は、ちょっと見せられないなと思ってしまうのです。

 

 

契約結婚2本! 「1%の奇跡~運命を変える恋~」と「エンディング アゲイン」

ハマると依存が激しい性格ゆえ、無料で見られるドラマだけをつまみ食いしている昨今です。

 

最近見たのはタイトルの2つ。「1%~」の方はAbemaTVで。1話が35分程度で(カットされているバージョンだと思う)全16話。

「エンディング~」はyoutubeにあったもので、たぶん1話15分程度のものを(どこぞの親切な方が)つなぎ合わせて見やすくしてくださったバージョン、トータル3時間強となっております。

 

失礼を承知で言うと、ぶっちゃけどちらも暇つぶし程度の作品…でもですよ、暇つぶしでも見たくないドラマもあるし(怖いやつとか)、仕事終わって寝る前のクールダウンにちょうど良いいんですよ、この手のドラマは。だいたい20分ぐらい見て、やめる、みたいなことが可能。「愛の不時着」みたいなやつだととてもじゃないけど眠れないですからね。

 

前者はコテコテの恋愛モノで、恋愛ありき、それ以外の要素なし!みたいな、男子だったら1ミリたりとも興味を持たないに決まっているドラマです。

後者はテーマがよくわからないけど、恋愛と復讐と大学生活とインターンのはざまで揺れる、そんな感じ?キャストは誰一人として存じ上げませんでした。

 

前者は今をときめくハ・ソクジンが主演していておそらくA級ドラマ。後者はB級というくくりになるのでしょう。しかしある1点において圧倒的に後者が優れていた点があります。

 

どちらも契約結婚がベースにあるんです。不動のテーマの1つですね。その必然性、すなわち、なぜに結婚しないといけないのか、っていう動機が非常に大事だと思うのですが、前者からはそれが伝わってこなかった。

 

男性側が、自身のおじいさん(財閥のドン)に言われたから?とかいう理由。序盤はお互い嫌っているので、結婚前提に付き合っているフリをすることになるんですけどね、女子の方にメリットないし(財産をもらえることになっているのですが)ーーー欲がない女の子という前提でして最初から「お金はいりません」とキッパリ断っている、男性側も、そこを何とかと頭下げてお願いするキャラではないーーーその時点でストーリーが破綻してませんかね(ノーカット版なら印象違うのかな)。

プラス、お互い嫌いなはずなのに「付き合っているんだから」とキスしまくるって変でしょ。

60分のうちの25分がカットされているのかもですね(調べてないけど)。だとしたら、キスしまくる部分は視聴者の想像にゆだね、契約結婚までの道筋がしっかり浮かび上がる構成にしてほしかった(まぁ、ハ・ソクジンですからそれはそれでファンが満足しないか)。

 

その点、後者はB級でつまらなかったけど(失礼!)、契約結婚の動機だけはすごいリアルだった。引越しに際し保証金詐欺に遭い、住む家と全財産を失った女子大生。インターン中で給料ももらえていないのでは。

実の母親は(離婚か死別か不明だけど)再婚した。その際、ごめん、これからは一人で生きてと渡されたのがくだんの全財産なんですね。友達の家に居候させてもらうも、金なし親なし仕事なし。まさに崖っぷち。学生の身分ではローンでお金を借りる手段がなく、就職の保証もない。残る手段はただ一つで、新婚さんが借りられるローン。それでなりふり構わず相手募集の広告を出し、名乗りを上げた同じ大学の学生と入籍するのです。

 

ちなみに韓国の賃貸事情、とりわけ保証金制度のしくみはこちら、ケンさんのブログが大変参考になります。

https://bridgetokorea.net/archives/1228

 

男子の方はというと、彼女の元彼にかつて結構ひどいことをされて、いつか鼻を明かしてやろうと思っていた矢先、広告を貼っている彼女と行き当たるのです。

 

これ以上のあらすじは控えますが、よくできた設定だなと。国産ドラマに興味のない私も「逃げ恥~」は好きで全話見たけど、偽装結婚の必然性、という点では「ん?」って思ったなぁ。みくりちゃん、なんだかんだ言ってぜんぜん食べていけますよね。ひらまささん、リビングに他人が寝てて、落ち着かなくないですか?

 

 私の記憶にある一番古い「偽装結婚」モノは、アメリカ映画の「グリーンカード」ってやつ。1990年代の映画です。

【男子側の事情:グリーンカードをどうしても手に入れたい】

当時の日本には(もしくは若くて無知だった私には)ちょっと早すぎた内容だったかもしれません。そんなことあるのかよ、ぐらいに思いました。

その後、日本人配偶者のビザ申請のほとんどが偽装、みたいな時代を経て、今はむしろ、本当のカップルの結婚ビザ取得が難しい時代、という理解で合ってるかな?

【女子側の事情:独身者お断わりのマンションにどうしても住みたい】

確か植物好きの女性で、温室付のマンションに住みたいとかそういう事情じゃなかったかな?

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

偽装結婚ドラマはちまたに溢れていようとも、男子側/女子側、双方の事情が「リアルに切羽詰まった」設定って、実はそうそうないのかも。

というか、あまりに切羽詰まったリアルな話はドラマの夢を壊しますしね。

 

 

2020年、観て良かった韓国ドラマ5選

2020年、言わずもがなですがコロナで明けてコロナで暮れた1年でした。

視聴した韓国ドラマは年初から順に

  • チャングムの誓い
  • キャリアを引く女
  • 愛の不時着
  • よくおごってくれる綺麗なお姉さん
  • 愛しのホロ
  • あの人に逢えるまで(映画)
  • 私の名前はキム・サムスン
  • 空から降る一億の星
  • ここに来て抱きしめて
  • マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~
  • 刑務所のルールブック
  • いとしのソヨン
  • シークレット・ミッション(映画)
  • チーズ・イン・ザ・トラップ

 

あとはブログにアップしてませんが「1%の奇跡」はあと2話を残すところまで観たし、「彼女はキレイだった」や「キルミーヒールミー」「天国の階段」「屋根部屋のプリンス」「太陽を抱く月」もちょこちょこつまみ食いしてました。

 

年初は韓流熱がすっかり冷めており、「チャングムの誓い」はたまたまスポーツジムでランニングマシーン走っている時間帯によく地上波放映されていたから。

それがコロナでジムがヤバイってことになり、あとは家でたまたまテレビでやってた「キャリアを引く女」を流し視聴。

 

そしたら「愛の不時着」ってすごいコンテンツが現れてドはまり。

これはねー、ほんと良かったです。しばらく何も手につかなかった。あまりの廃人っぷりに自分でもマズイと思い(1日に何話でも見続けてしまう)、ただ、私はケチな性格が幸いして、有料ならば一気に熱が収まるため、その後のコンテンツはたいがいがabemaTVで無料配信されるのをおとなしく待つ日々で、やっと人間らしい生活を取り戻した次第です。

 

そうそう、コロナに絡めて話せば、「愛の不時着」を見てる頃は、日本政府のイニシアチブがもうちょっとあると思っていたから、やや社会主義寄りの国家になるんじゃないかと予想してました。1年が終わってみると、日本は強力な民主主義国家だと浮彫りになった気がします。まぁ幸いなことに強烈なイニシアチブで封鎖するほどの被害ではなかったからというのが大きいでしょうが。

 

で、良かった韓国ドラマの話。

上位から発表しちゃいますが、意外や意外、1年終わってみると心に残るのは

  • よくおごってくれる綺麗なお姉さん

いやはや、ブログでは結構けちょんけちょんにけなしてるし、ほんと内容はどうしょもない、高校生カップルですらもうちょっと頭いいんじゃないか、みたいなドラマなんですけどね、映像が美しいし、なんかふと思い出すことが多かったです。

たぶん自分の仕事人生がジナに重なるんでしょうね、セクハラパワハラ当たり前の会社で社会人スタートした私にとって。

 

2位は

  • 彼女はキレイだった

このドラマは、2度目(か3度目)でして、最後の方は見るのやめちゃいました。一番良かったのは序盤から中盤。これもヘジンの仕事人生と大いに関連していて、慣れない会社で、しかも縁遠いキラッキラなファッション部門にヘルプ要員として行かされ、お金なし、彼氏なし、ないないづくしのヘジンが全てを兼ね揃えた美人の同居人を恨むこと一切なく、すこーしずつ周囲の信頼を得ていく(そしてもちろん恋愛も!)過程がすごい良かった。配信が待ちきれなかったです。

 

3位は

  • マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~
  • 刑務所のルールブック

同列3位。良かった点はブログにアップしたので割愛。

 

4位は

  • いとしのソヨン

これもコロナと関連していて、テレワークになって自由になる時間が急激に増えたタイミングで出会えて良かったです。なんかねー、このドラマ観てると、勉強したくなるんですよ、無性に。ソヨンって勉強以外に何もないんです(と、ドラマではそういうことになってるけど美人ですけどね)。勉強ひとつで家庭教師から財閥の妻、そして弁護士へと階段を上っていく過程が良い。

 

5位は、っていうか別に良かったドラマではないけどある意味衝撃を受けたのが

これってこんな鬼畜なドラマでしたっけ?まぁたまたま無料配信されている部分をつまみ食いと、そうとう前に観て忘れちゃってる部分はネットからあらすじを拾い読みしたんですけど、時代を感じるというか、これに夢中になってた頃があったんだっけ?という感想。

いやー、だって、子供時代とかかなりヤバイですよ。兄妹とはいえ、血がつながっていない兄が、隙あらば妹にちょっかい出そうとする。こんな胸クソ系だったかと。義理の妹には2度も車で轢かれ、幼馴染はその妹とヒロインの間でフラフラどっちつかず。記憶喪失のヒロインは兄を命の恩人と思って一生をささげようとすらする。はぁ?

まぁこの兄が微妙でして、カッコイイと思う人にはカッコイイでしょうから、そうなるとイケメン二人の間で揺れるヒロインの物語となり、ロマンスをかき立てられるのかも。

今の時代の韓国ドラマはずいぶんマイルドになったもんだと思った作品でございました。 

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

「愛の不時着」ですが、韓国人の同僚(男子)に、「今年1番良かった」と話を振ってみたところ、「あー、ぼくんちテレビないから」と軽くいなされました。テレビじゃないのよ。男子にとって韓国ドラマ(恋愛モノ)ってそんなもんですね。別件で、私がハマってるyoutubeチャンネルでは2人の男子が「映画」として「こんなの流行ったみたいですね、僕たち興味ないけど」みたいな紹介をしてて、これまたガックリ。映画じゃないのよ。

【映画】シークレット・ミッション と チーズ・イン・ザ・トラップ

この2つをまとめてレビューという暴挙に出ようと思います。

 

シークレット・ミッション

主役のキム・スヒョンがこの映画で定番としていた「緑のジャージ姿」で「愛の不時着」にカメオ出演したことが有名。

イケメン3人のアクションが中心で正直楽しめはしなかったけど、人気絶頂のアイドルを集めてアクションさせて映画を1本仕立てる、という手法は、そのアイドルにハマリにハマっている世代にはウケルし、私にもそういう時代はあったから否定はしない。

最後、映画の視点が変わるところが良かった。ネタバレなので書けないけど、あ、本当の主役は、実はこっち!?みたいな。

その観点から言うと、同じく映画の「悲しみよりもっと悲しい物語」の方がスゴイんだけど。

 

チーズ・イン・ザ・トラップ

話題にはなったがすこぶる評判が悪いのを承知で観ました。人気漫画が原作で、ドラマはそこそこヒットした。でも映画版は…

キャストはパク・ヘジン以外、ほぼ総入れ替え。そりゃファンは怒るよね。そもそも作る意味あんのか!?みたいな。

2時間の映画にすること自体が無理だし、事前の知識なしに見た私にゃ、プロットがぜんぜんわからない。

それでも実は結構良かったんですよ。

ちょっと暗め気分だったから、環境音楽レベルで、感情が左右されない映像をだらだら流していたかったんですよ。

プロットも、わからなくていいやぐらいな気持ちで見てましたし。

わからないなりにわかった内容

・主人公は平凡な女子。真面目に大学に通っている。

・イケメンの彼に告白されて、一応付き合い始めるものの

・かつて自分を嫌っていたようだった彼がなぜ優しくなったのかわからない

・なぜ自分と付き合うのかわからない

・クールで全く感情が見えない。

それが謎解きミステリーみたいな感じで、2時間飽きずに見てました。

パク・ヘジンは押しも押されぬイケメンかもしれないけど私には苦手なタイプで、でもこの映画のパク・ヘジンはすごく良いです。

ヒロインのオ・ヨンソさんは初めて観ましたが、すごく可愛い。ぜんぜん平凡じゃないけど、まぁそこはドラマですしね。

ドラマ版はキム・ゴウンちゃんが演じています。彼女は綺麗なだけじゃないちょっとクセのある女優さんですし(ドラマ版には良かったでしょうが)、この「環境音楽」みたいな映画版には向かない気がする。

 

というわけで、実は「チーズ・イン・ザ・トラップ」が結構良かった、という話でした。

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

クラスで一番人気の彼がなんで目立たない私を好きなの~?みたいなのは、永遠のテッパンネタだということが良くわかりました。

 

 

いとしのソヨン(2回目)-なぜか勉強がしたくなるドラマ-

50話もある「いとしのソヨン」を2度も見る人いるんですかね。

あ、ここにいますね。

 

ただいま絶賛断捨離中でして、まぁ理由は割愛しますが、必要に迫られてかなり本気でやってます。ただし時間的にはかなり余裕があり、ちまちまとフリマサイトに出品したり、粗大ごみの申し込みをしたり(1ヶ月ぐらいかかるのよこれが)。

 

で発見したDVD、「いとしのソヨン」。整理の手を止めて見始めるという、もっともやってはいけないことしましたー。海賊版だから売るに売れないんだよなー。昔のだから配信もしてないだろうし捨てるには惜しい!

 

見たのは2年前。転職する直前でした。今回改めてよいドラマだなと思った…というか不思議な物理的作用のあるドラマだなと。

村上春樹氏が、物理的作用のある小説が好きだとどこかで書いていたと記憶しているのですが、それがどういうことを指すのかというと、「春樹さんの小説を読んで無性にビールが飲みたくなり、買いに走った」とかそういうことです。

 

前回、「いとしのソヨン」を見て転職してしまい、今回はなぜだか無性に勉強がしたくなりました。そして実際、毎日2~3時間の勉強時間を確保してコツコツやりました(今はソヨン効果が薄れ気味ですが、一応続けてます)。

 

ソヨンはすぐに借金をこしらえちゃうダメ父を持ち、資産と呼べるものは持ち前の頭の良さとプライドと忍耐強さしかありません。

見ているうちにそれらが伝染するんですよ。

 

あとは今回改めて注目したのが、ホジョン。彼女はソヨンの弟サンウにぞっこんで、ストーカーそのものです。ドラマ初盤ではほんとうにウザくて嫌なキャラでした。

以前の記事に書きましたが、ホジョンは天使のようなハートの持ち主です。計算された駆け引きなんぞできるわけもなく、どちらかというと変わった子とバカにされてしまうタイプです。

そんな彼女、お人よし丸出しで、恋敵とサンウの仲を取り持つ羽目となり、サンウを呼び出します。ところが恋敵が仕事でどうしても抜けられず、ホジョンがサンウ会いたさに嘘をついて呼び出したような形になってしまいます。

当然サンウは激怒。ホジョンはその権幕に、スマホを握りながらブルブル震えますが、それでも恋敵との約束なので真実を言いません。この辺りが物語の中盤の転換点で、主役のソヨンを食うほどのキャラとなります。

 

ついでで申し訳ないのですが恋敵となるミギョンについて述べると、男勝りなキャラという設定ですが、すごく可愛いし乙女だし、もっと本当にボーイッシュな女優さんを起用した方が良かったんじゃないかと思いました。

 

あと、今回どうにも目についたのが女性陣のヒールの高さ。キャリアウーマンであるソヨン、社長秘書の女性、それぞれ7cmはあろうかと思われるヒールで雪道を走らされたりするんですよ。いくら女優さんとはいえ、キャリアウーマンの設定にそのヒールは不必要だし、見ていて怪我しないかハラハラしました。女優さんの労働組合とかないのかな(ないだろうな)。

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

というわけで、取りとめもないですが2度目の感想でした。