海外ドラマが好き♪

海外ドラマの感想ブログです。たまに脱線します。

私のIDはカンナム美人

AbemaTVで無料で見られる分だけ流し観した状態ですが、いちおう最終回まで見たので感想書きます。全24話。序盤の3話ぐらいと、中盤の3話ぐらいと、最後の2話を見ただけなので☆をつけるのはやめておきます。

 

ミレは容姿に恵まれないせいでいろいろと悔しい思い、悲しい思いをして思春期をやり過ごしてきました。大学入学というタイミングで整形。母は理解があるのですが、父親が絶対に許さないので短期留学を装い、整形後は1人暮らし。

 

…という設定からして面白そうなのですが、すごい面白かった点はというと…

 

ミレの整形は大成功して、美人になります。ところが内面はブス子ちゃんのままなんですよね。自分に自信がない。注目されることに慣れていない。

大学では「ごくフツーの」人生を歩むつもりだったのに、必要以上に美人になってしまったミレ、あっという間に周囲にバレてしまいます。天然美人のスアとはいろいろと振る舞い方が違うんですよね。そこの演出がすごい上手だなと思いました。

 

ちなみにカンナム美人とは、高級街であるとともに整形外科が立ち並ぶ地区、カンナムにちなみ、整形美人という意味です。

ここで言うIDとはスマホでの携帯電話での登録名です。友達や知り合いの名前を電話に登録する時に変なニックネームをつけるのが韓国ドラマで散見されるんですが、現実はどうなんでしょうね。同姓同名が多いからほんとにそうなのかなぁ。

 

結局、同じ中学だったギョンソク(イケメン。番宣によると「顔面国宝」と言われている俳優さんらしい)が、ブス子ちゃんだった中学時代からミレの魅力にちゃんと気づいており、ミレが美しかろうとなかろうと愛してくれる、という都合の良いストーリー展開ではありますが、面白く見ました。

 

私が一番楽しんだのは前述したようにミレのキャラクター設定。

むかーしむかし、「おしゃべり階段」という、くらもちふさこさんの漫画が好きだったのですが、主人公の女の子は髪の毛がクルクルの天然パーマなのがコンプレックスで悩み続けるんですよ。他にもいろいろ不器用なのですが、ある時恩師に、「自信のある部分、自信のない部分、両方がバランスよく存在する人間が魅力的だと思うなぁ」と言われます。

その時は子供だったから意味がわからなかったのですが、このミレが良い例で、美人になったものの自己評価が低いままで、コンプレックスと向き合いながら四苦八苦する様子が良かった。

話が飛躍しちゃいますが、人生ってRPGゲームみたい。私自身も実はドラマ(か何か)のキャラクターで、いろいろ悩んで乗り越えていく様子を誰かが見て「がんばれー」とか言ってくれてるのかな、なーんて。何もかもが完璧なキャラクターで何の困難もないゲームをしていてもつまらないですよね。

 

顔面国宝のギョンソクや、天然美人のスアにも悩みはあり、中盤から徐々に明らかになっていくのですが、そのへんの回はちゃんと見てないからか、キャラクターの魅力は感じられませんでした。

 

実はこのミレちゃん、すごい演技が上手なのかなぁ。それともオリジナルのキャラと合っているのか、美人なのにいろいろ自信がないっていうキャラがとても自然でした。なんだろな、ちょっと舌足らずな話し方とか雰囲気とか。

 

メイクは、妙に目の周囲から頬にかけてが厚塗りでして、この女優さんご本人がいわゆる「お直し」をしているのかどうか存じませんけど、整形後と言われれば、あー、そんな感じ、と見えてしまいますねぇ。

 

終盤は、美に囚われて生きるのはもうやめよう、みたいな展開でした。韓国ってホント、美人であるかないかが重要視される社会ですよね。私が韓国によく行っていた頃、見知らぬ人に袖を引っ張られ、「あなた、顔、キレイ」と言われたことがあります(若い頃の話です)。わざわざ袖を引っ張って振り向かせてまでして言う話っすか?

 

私が最も早くこの独特の価値観に触れたのは、昔、金賢姫の自伝を読んだ時です。捕まった後、拘束されている施設での生活が日記風に描かれた章では、毎朝2時間かけて化粧をし、化粧ノリが悪い日は1日憂鬱とか何とかetc、日々、まずそこから始まる。そして常時つきまとう。いやいや、もっと気にすることあるだろう、とか、化粧にどうやったら2時間もかけられるんだろう、とか思ったし、この人は特別変な人に違いない、とも思いましたけど、韓国に行くようになって上述の件があってから、これは社会全体に蔓延する価値観なのだと気付きました。

 

思うに、韓国人は顔にこだわり、日本人はスタイルにこだわる傾向があるような気がします。韓国人は野菜中心の食生活が豊かなせいか、みんなスタイルが良くて、スタイルが良いことにそれほどの希少価値がないような印象(あくまでも私の印象です)。

反して日本社会は食の欧米化がおそらく韓国よりも20年は早く、豊満な体形が増えているにも関わらず、小さくて細くて華奢で守ってあげたくなる、それが女子、みたいな価値観だけはそのままで、現実とのギャップに苦しむ女子は多いのではないでしょうか。

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

一生懸命ダイエットしても、もしくは整形しても、マイナスがゼロになるだけ。しかも自己評価はそうそう変わるもんじゃない。どこにも救いがないような気がしますが、ミレちゃんを見て、「自信のない部分とある部分が共存してこそ人間は魅力的なのだ、それでこそRPGも面白いのだ」と思えた良いドラマでした。

 

 

元カレは天才詐欺師 ☆☆☆☆☆☆

AbemaTVでたまたま見ることができる回だけを見たため4~8話が抜けてしまいましたが、全16話中11話を楽しく見ました。

 

ソ・イングクが天才詐欺師の役です。この方、若手なのに本当に上手。主人公は冴えないオッサンの方なのかな…マ・ドンソクさん。初めて見ましたが、「新感染」という映画で有名な方のようです。

 

タイトルからヒロイン(「少女時代」のスヨンさん)目線のドラマのような印象を受けますが、スヨンさんはどちらかというと脇役で、ソ・イングクとマ・ドンソクのタッグと、詐欺を成功させていくプロットが柱です。

 

マ・ドンソクさんが演じるのは脱税を取り締まる部署の課長。成績が悪く、会社では肩身が狭い。ある日、巨額の脱税をしている大物を殴ってしまい、ますます危うい立場に。そして天才詐欺師の力を借り、巨額の税金滞納者を詐欺でハメて税金を払わせる、という方向にストーリーが流れていきます。

 

だいたい4話ぐらいで1つの詐欺が成功し、それぞれが独立しているようでいて、もっと大きな話に取り込まれて膨らんでいくタイプのプロット。騙し騙され、誰もかれもが疑わしく、信じられるのは不器用なドンソクさんだけ。弱者を見下す滞納者に納税させた後の決めセリフがいい。

 

特筆すべきは刑事をしているドンソクの親友。あれ、この俳優さんどっかで見たことあると思ってしばらく思い出せなかったのですが、「愛の不時着」の憎きチョ少佐ではありませんか!

別に見た目が全然違うとかじゃないのにわからなかったのは、役柄のせい。いや~、すごいかっこいいんですよ。あの少佐がこんなにかっこいいなんてー。

 

雰囲気違うと言えば、悪徳高額滞納者を演じたオ・テファンさん。この方、やはりソ・イングク主演の「ショッピング王ルイ」にも出演していて、そこでは万年ジャージで年だけとっちゃったニート役。今回はビシっとしたスーツ姿でふてぶてしいほど自信満々な役柄がよく似合ってました。韓国の俳優さんってほんとすごいですよね。

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

ソ・イングクとマ・ドンソクさんの絡みが本当に面白く、☆6つ。

キム秘書はいったい、なぜ? ☆☆☆☆☆

9年間、側にいるのが当たり前だと思っていたパートナーに突然別れを告げられる…これは倦怠期の夫婦の話ではなく、ワンマンな財閥副会長とその秘書のお話。

奥さんと違って仕事だから当然ですけど、愚痴を一切言わず完璧な仕事をこなすキム秘書。好待遇を与えてきたし、不満なんかあるわけないと思っていた彼女から突然の退職希望を告げられ、副会長・ヨンジュンにはその理由がわからない。「キム秘書はいったい、なぜ?」このカンマ区切りとはてなマーク、敢えてひらがなを選ぶところもすごくいいタイトルだと思う。ヨンジュンの戸惑いが伝わってくる。

 

別れを告げられて初めて相手の価値がわかる、みたいな話かと思いきや、そこは韓国ドラマ、実は二人は幼い頃に出会っており…というヨンジュン目線での二重構造になっております。

 

そう、キム秘書の名前はミソ。秘書は韓国語では「ビソ」で、「ミソ」と語感が近い。早朝から深夜に至るまで呼び出されて、秘書として働いてきたミソには私生活がなく、根っからの「ビソ」になってしまっています。そんな彼女の自分探しのストーリーも絡まっています。

 

ご想像の通り、ミソとヨンジュンのラブがメインなんですけど、サイドのラブストーリも満載で、ジアとコ代理の話が良かった。

 

ミソは「成均館スキャンダル」でヒロインを務めたパク・ミニョンですが、あのドラマにヒョウン役で出ていた女優さんを発見(変な役だったけど嫌いじゃなくて、彼女目線のブログも一本書いた…)このドラマでは割といい役割を果たしているかと。

 

中盤で初めて出てくるミソの母は、「空から降る一億の星」のチョン・ソミンさん。

 

パク・ミニョンは本当~に可愛いですが、「キム秘書」のキリっとしたできる女ファッションは、彼女の魅力を発揮させていないように感じる。個人的には「ヒーラー」の、ショートのバサバサヘアとカジュアルな服が一番好き。 

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

時間が取れずに1.8倍速で見てしまいましたが、面白かったです。☆5つ。

リッチマン ☆☆☆

EXOのスホさん主演…ってこの方を存じ上げないのですが、K-POPの有名どころでしょうかね。演技もしっかりできて、K-POP界はホント多才な方の多いこと。

 

ヒロインのボラちゃん(役名です。初めて観ました)は、高見恭子(お歳がバレますわよ)と安室ちゃんを足して2で割ったようなベビーフェイスでめちゃくちゃ可愛いです。恐らく評価が二分するフェイスで、私にはツボ。

 

恋敵となる女子は、正直ブス子ちゃんだと思うんだけど、役の上では美人でお金持ち。自分に自信があって落ちない男はいないと思っている。…となると、やっぱり美人に見えてくるんだなこれが。全体の雰囲気とかファッションがいい。性格も、ひと昔前の韓国ドラマの悪役とは全然違って、悪くはないです。ほんとこのへん、時代の流れだよなー。

 

ストーリーですが、ボラちゃんは就職難の中、スホが経営するIT企業に勤めることが決まります。類まれな記憶力だけを買われ、期間限定で新作のプレゼンのためだけに雇われました。

 

スホはワンマンで超絶性格が悪く、容赦なく社員の首を切ります。そこを補うのが副社長で、財閥の長男なのにそっちを捨ててスホと会社を興しました。優しい性格で、スホが切った社員を蔭で支える、ほんと良いお兄ちゃんみたいなキャラです。

 

ボラちゃんとスホがいかにくっつくか、という話なのに、副社長とくっつけばいいのにと思いながら観てしまいました。

 

ボラちゃん、可愛くていい子なんだけど、スホのことが昔っから好きで、気を引くために嘘をつくんですよね。そこがどうにもいただけなかったなぁ。そんなんだったら副社長の方がぜんぜんいいのに。

 

…とまぁ序盤はそんな感じなのですが、この性格の良い副社長、スホのあまりのワガママっぷりに堪忍袋の緒が切れて…という感じで話が展開していきます。

 

なんだかこのへん、ボーイズラブの世界観を感じてしまった。そっちは詳しくないんですけど、結局のところ副社長はスホのことが好きだったんじゃないかなぁ。もちろん好きは好きなんだけど、かなりB.L.的に。

 

別にそれほど高評価の作品ではありませんし、ボラとスホのラブラインは別に面白くもなんともないのですが、ボラの友人と首切りされた社員とのラブラインはかなり良く、そっちで満足。IT企業と大企業の攻防は複雑すぎず面白かったし、気軽に見れる良質のB級という感じで1話ずつ楽しく見ました。 

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

欲を言うなら、ボラちゃんの超絶記憶術がもっと活躍できる場面が欲しかったな。

【映画】ビューティー・インサイド

大手家具店で働くヒロイン(ハン・ヒョジュが演じてます)は、誰にでも平等な接客をする店員さん。実は彼女に恋をして、毎日通っているお客さんがいます。しかし彼女は彼に気づいていません…実は彼は、毎朝起きる度に容姿が変貌するのです…

 

という突飛な設定の物語。主人公は(便宜上、彼、と書きますが)それこそ老若男女、それどころか国籍を問わず、朝起きる度に変貌するのです。これは彼が18歳の時から起こり始め、理由は全くわからないし、次にどんな容姿になるのかも見当がつきません。

 

仕方がないので彼は一人で工房に籠って仕事をする家具職人となりました。秘密を知るのは母親と、高校時代の親友1人だけ。その親友が販売を引き受けてくれています。そのデザイン性とオリジナル性に加え、ミステリアスな家具屋さんということで業界では有名です。

 

彼女にどうしても告白したくて、容姿がパク・ソジュンだった日に決行。1日目はちょっとだけ仲良くなって、寝ないで2日目、またちょっと仲良くなって、でもさすがに3日目はうっかりうたた寝をしてオッサンになり、彼女の前から姿を消さざるを得ない羽目に…でも諦めきれない彼は…

 

というラブ・ストーリー。内面の美でいとしの彼女を惹きつけるお話と、毎日変わる容姿を中盤までは楽しく見せて、でも後半は現実と向き合うこととなります。家族や友人、いわゆる「ウリ(仲間内)」はとっても大切にする韓国人ですもん。彼氏ができたとなれば家族や友人に紹介しないわけにはいかない。彼女ができたならば、一人工房に籠って生きるわけにはいかない。

 

見どころは何と言っても豪華キャストですねー。私でも知ってるぐらいの俳優さんがゴロゴロと日替わり出演。日本人女性の日はなんと上野樹里さんでしたねー。「のだめカンタービレ」は韓国版リメイクも製作されましたが、私の韓国人の友人(男子)は彼女のファンですから、豪華キャストを揃えたことがうかがえます。

 

後半がちょっと重たかったので☆4つかなー。

ミセン -未生-

AbemaTVで無料で見られる回だけをつまみ食い視聴。

1・2・3話と、16話と、あと最終回の20話、つまり4分の1しか見てないのに申し訳ないのですが、感想を書いちゃいます。

 

このドラマはかなり話題になったドラマです。韓国ドラマにして「ラブなし、記憶喪失なし、難病なし」。まるで日本のドラマみたいとか言われてました(ぜんぜん違うと思うケド)。

 

主人公チャン・グレは幼い頃に才能を見出され、囲碁の世界で生きてきたのですが、父親が病気の末に亡くなったりで財政的に厳しく、20歳を過ぎてから道を断念します。

 

韓国と言えば学歴社会。いい大学に入るのはもちろん大事ですが、大学生も就職のために必死に勉強します。グレはそこの部分がすっぽり抜け落ちているわけです。最終学歴は高卒。現在26歳。

 

グレを買ってくれていた人物がとある大企業の専務に口利きをしてくれて、グレがインターンとして入社するところから物語がスタートします。(厳密に言うと、最終回につながる海外ロケからのスタートですが、まぁそれは置いといて)

 

入社した先は総合商社の営業3課。これ、バブル期の〇紅だの〇友商事だのをイメージしていただけるといいと思う。周りは、インターン仲間ですら英語は当たり前にペラペラ。第二外国語でロシア語が堪能なアン、中国語が堪能なハン、ドイツ語が堪能なチャン・ベッキ(彼はカン・ハヌル氏です…椿の花咲く頃でブレークしましたね)など、12人ぐらい?インターン同期がいます。しかも可哀想なことに、彼らは2週間ほど先に入社してるんですよ。もう仲間に入れる雰囲気じゃないし、コネ入社だということは知れ渡っています。

優秀な彼らだって全員が正社員として採用されるわけじゃないんです。一人でも蹴落としたいんですねー。

 

実はこのドラマ、以前トライしたことがあるのですが、第1話でリタイアしました。同期からのイジメに近い仲間はずれに加え、営業3課の上司もキツイ。かかってくる電話は英語でちんぷんかんぷん、コピー機のフィーダー機能を知らないから1枚1枚フタをあけてコピー。直属のドンシク先輩は怒鳴ったりしないけど、呆れられているのが痛いほどわかるからむしろ自分を責めるしかない。苦しくて見ていられませんでした。

 

今回3話まで(我慢して)見て、やっぱり苦しかったー。グレは、自分の一生懸命さが足りないからだと自分を責めるんですよ。日本のドラマとはぜんぜん違いますね。

序盤にグレは上司から「お前の取り柄は何だ?売り込んでみろよ」と言われて、「努力です。圧倒的な努力」と答えます。

今の日本は、努力しないでもスムーズにできることが自分の道だ、という「努力不要論」が次第に主流になってきている気がするので、非常な違和感、というか、昔の日本はこんなだったかなぁという既視感を覚えながら観ました。どっちがいいとかここで論じるつもりはありませんが(わかんないし)、今の日本の風潮に慣れてしまうとたとえドラマでも「努力第一主義」は苦しいっす。

 

で、ざっくり飛ばして16話を見て、最終回を見ました。ようやく報われる部分って、最終回の後半からなんです。もちろん中盤にもちょこちょこ報われる部分はあるはずですけど、ちょっと報われる度にまた落とされ、という連続かと想像します。

 

さて、グレを演じるのはイム・シワン。「太陽を抱く月」で一目ぼれしましたねー。本当に可愛いです。アイドルグループだったそうですね。演技はそりゃまぁ周りの脇役の方々の方が上手ですけど、グレは慣れない環境で自分らしく振る舞えない役ですからすごい合っていたと思います。ちなみに演技力という点ではドンシク先輩がすごい上手だなと思いました。

イム・シワンの可愛さは、もう誰かと恋愛しないでほしいレベルで、ラブなしでむしろ良かった(爆)。

 

イム・シワン演じるグレ、語学力や一般的な学生が積んでいるはずの経験のなさを、囲碁で培った勝負強さや頭脳プレーで逆転していくのかと思いきや、そうでもなく、(超人的な整理整頓力や記憶力を生かす場面はあるけど)結局は「圧倒的な努力」の物語だったのがちょっと残念でした。もちろんサボってる若者がぶつくさ文句言ってたら努力しろよと私だって思うけど、既に圧倒的な努力している人が、さらなる努力をする物語だなんて…

 

で、いきなり話が飛びますが、オリンピックはどうなるんでしょうか。2024年を東京で開催させてもらえるよう交渉すべき案が出てきましたね。

私は今年2021年に開催できる気が微塵もしないので、ようやく妥当な案が出てきたと思ってはいますが、2021年に照準を合わせ直して調整中の選手たちがさらに2024年で再調整となるとさすがにそれは「ほぼムリ」レベルかと思います。となると大量のグレが生まれるでしょう。

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

彼らがグレのように別の道を選んだ時、そして思うように人生が進まない時、「圧倒的な努力」の物語は、ちょっと見せられないなと思ってしまうのです。

 

 

契約結婚2本! 「1%の奇跡~運命を変える恋~」と「エンディング アゲイン」

ハマると依存が激しい性格ゆえ、無料で見られるドラマだけをつまみ食いしている昨今です。

 

最近見たのはタイトルの2つ。「1%~」の方はAbemaTVで。1話が35分程度で(カットされているバージョンだと思う)全16話。

「エンディング~」はyoutubeにあったもので、たぶん1話15分程度のものを(どこぞの親切な方が)つなぎ合わせて見やすくしてくださったバージョン、トータル3時間強となっております。

 

失礼を承知で言うと、ぶっちゃけどちらも暇つぶし程度の作品…でもですよ、暇つぶしでも見たくないドラマもあるし(怖いやつとか)、仕事終わって寝る前のクールダウンにちょうど良いいんですよ、この手のドラマは。だいたい20分ぐらい見て、やめる、みたいなことが可能。「愛の不時着」みたいなやつだととてもじゃないけど眠れないですからね。

 

前者はコテコテの恋愛モノで、恋愛ありき、それ以外の要素なし!みたいな、男子だったら1ミリたりとも興味を持たないに決まっているドラマです。

後者はテーマがよくわからないけど、恋愛と復讐と大学生活とインターンのはざまで揺れる、そんな感じ?キャストは誰一人として存じ上げませんでした。

 

前者は今をときめくハ・ソクジンが主演していておそらくA級ドラマ。後者はB級というくくりになるのでしょう。しかしある1点において圧倒的に後者が優れていた点があります。

 

どちらも契約結婚がベースにあるんです。不動のテーマの1つですね。その必然性、すなわち、なぜに結婚しないといけないのか、っていう動機が非常に大事だと思うのですが、前者からはそれが伝わってこなかった。

 

男性側が、自身のおじいさん(財閥のドン)に言われたから?とかいう理由。序盤はお互い嫌っているので、結婚前提に付き合っているフリをすることになるんですけどね、女子の方にメリットないし(財産をもらえることになっているのですが)ーーー欲がない女の子という前提でして最初から「お金はいりません」とキッパリ断っている、男性側も、そこを何とかと頭下げてお願いするキャラではないーーーその時点でストーリーが破綻してませんかね(ノーカット版なら印象違うのかな)。

プラス、お互い嫌いなはずなのに「付き合っているんだから」とキスしまくるって変でしょ。

60分のうちの25分がカットされているのかもですね(調べてないけど)。だとしたら、キスしまくる部分は視聴者の想像にゆだね、契約結婚までの道筋がしっかり浮かび上がる構成にしてほしかった(まぁ、ハ・ソクジンですからそれはそれでファンが満足しないか)。

 

その点、後者はB級でつまらなかったけど(失礼!)、契約結婚の動機だけはすごいリアルだった。引越しに際し保証金詐欺に遭い、住む家と全財産を失った女子大生。インターン中で給料ももらえていないのでは。

実の母親は(離婚か死別か不明だけど)再婚した。その際、ごめん、これからは一人で生きてと渡されたのがくだんの全財産なんですね。友達の家に居候させてもらうも、金なし親なし仕事なし。まさに崖っぷち。学生の身分ではローンでお金を借りる手段がなく、就職の保証もない。残る手段はただ一つで、新婚さんが借りられるローン。それでなりふり構わず相手募集の広告を出し、名乗りを上げた同じ大学の学生と入籍するのです。

 

ちなみに韓国の賃貸事情、とりわけ保証金制度のしくみはこちら、ケンさんのブログが大変参考になります。

https://bridgetokorea.net/archives/1228

 

男子の方はというと、彼女の元彼にかつて結構ひどいことをされて、いつか鼻を明かしてやろうと思っていた矢先、広告を貼っている彼女と行き当たるのです。

 

これ以上のあらすじは控えますが、よくできた設定だなと。国産ドラマに興味のない私も「逃げ恥~」は好きで全話見たけど、偽装結婚の必然性、という点では「ん?」って思ったなぁ。みくりちゃん、なんだかんだ言ってぜんぜん食べていけますよね。ひらまささん、リビングに他人が寝てて、落ち着かなくないですか?

 

 私の記憶にある一番古い「偽装結婚」モノは、アメリカ映画の「グリーンカード」ってやつ。1990年代の映画です。

【男子側の事情:グリーンカードをどうしても手に入れたい】

当時の日本には(もしくは若くて無知だった私には)ちょっと早すぎた内容だったかもしれません。そんなことあるのかよ、ぐらいに思いました。

その後、日本人配偶者のビザ申請のほとんどが偽装、みたいな時代を経て、今はむしろ、本当のカップルの結婚ビザ取得が難しい時代、という理解で合ってるかな?

【女子側の事情:独身者お断わりのマンションにどうしても住みたい】

確か植物好きの女性で、温室付のマンションに住みたいとかそういう事情じゃなかったかな?

 

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

 

偽装結婚ドラマはちまたに溢れていようとも、男子側/女子側、双方の事情が「リアルに切羽詰まった」設定って、実はそうそうないのかも。

というか、あまりに切羽詰まったリアルな話はドラマの夢を壊しますしね。